人は水を失うとこんな風になってしまう。

 

大人の体の水分の割合は、60%と言われています。

 

この、

 

水分がもしも足りなくなったら、困りますよね?

 

実際には、どんな事が起きてしまうのでしょう?

 

考えただけでも、怖いです。

 

人間は、水分を失うとどんな風になってしまうんでしょう?

 

人が水分を失うことで起きる症状

 

かダダの水分が失われると?

 

2%水分が失われると、喉の乾きを感じます。

 

3%水分を失ってしまうと、喉の乾きが強くなります。

 

そして、頭もなんだかぼんやりしてきます。

 

4%水分を失うと、

 

体が重くなり、体温も高くなります。

 

さらに、肌も紅潮していきます。

 

5%水分を失うと、頭痛がしてきます。

 

更に体も重くなり、喉の乾き、意識も朦朧としてきます。

 

水分を10%失うと、体が痙攣して動けなくなります。

 

20%水分を失うと、人は死亡すると言われています。

 

砂漠で持っていた水を飲みきってしまったら?

 

もしも、あなたが砂漠に取り残されたら?

 

灼熱の砂漠に、ひとり取り残されたらどうでしょう?

 

持っていた水は、全て飲みきってしまった。

 

お金はある。

 

でも、

 

お金を使うところはない。

 

クレジットカードもある。

 

でも、クレジットカードを使うところがない。

 

飲み物が飲みたくても、自動販売機もコンビニもない。

 

あるのはただ、砂だけ。

 

後ろを振り向けば、自分の歩いてきた足跡だけ。

 

のどが渇いて乾いて、

 

つばすら、飲み込めない。

 

どれだけ苦しいか?

 

砂漠で、自分だけが残されて、飲水もない。

 

意識も朦朧としてきた。

 

頭も痛い。体もだるい。

 

水の中で、ごくごくと冷たい水を飲むイメージだけが頭に浮かぶ。

 

砂漠の中にある、オアシス。

 

その水がアレば、死なずにすむ。

 

でもそんな、砂漠のオアシスなんてどこにもない。

 

どこまで言っても、続く砂漠。

 

体がどんどんだるくなり。

 

一歩前に脚を出すことも、辛くなってきた。

 

とはいえ、前に進まなければ。

 

こんなところに、ずっと立ち止まっているわけには行かない。

 

口の中は、カラカラ。

 

パサパサな口の中から、水分を探していく。

 

でも、

 

水分なんてどこにもない。

 

「進まなければ」

 

その思いとは真逆で、足はどんどん重くなっていく。

 

前には進めない。

 

でも進まなきゃ。

 

頭がどんどん重くなって。

 

意識は朦朧としていく。

 

砂だらけの世界。

 

遠くにいた死神が、近くでぐるぐる回っているように感じる。

 

誰かが助けてくれる、そんな虫のいい考えが頭に浮かぶ。

 

どうやら限界が近い。

 

砂漠に取り残されて、7日間。

 

水を失って、29時間36分14秒。

 

そろそろ限界が近い。

 

家にいるときは、蛇口をひねればたらふく水を飲めた。

 

水なんて、そんなに意識しないでよかった。

 

水の大切さを、考えてことなどなかった。

 

今は体中の細胞が、水を欲しがっている。

 

もう、おそらく歩いてなどいいないだろう。

 

心臓が動いていることだけが、まだ生きていると感じさせる。

 

まだ生きている。

 

でも、これがいつまでも続かないことはわかっている。

 

さあ、

 

逆にこの状態から生還できたら?

 

それは紛れもなく奇跡に違いない。

 

そんな事を思いながら、

 

遠くから聞こえる、ヘリコプターの音にも気づかなかった。

 

救助のヘリコプターは、意識不明の私を乗せて、砂漠を飛び立つ。

 

私は、助かった。

 

それは夢かもしれない。

 

現実であってほしいなど、贅沢なことは言わない。

 

苦しいのか、何も感じないのか?

 

真実なのか、夢なのか。

 

生きているのか、死んでいるのか?

 

人間は水分を失うと、最終的にそれすらわからなくなる。

 

水を飲めるってありがたい。

 

水を飲めるのはありがたい。

 

人は、水を飲めないのが一番苦しい。

 

水を飲めるのはありがたい。

 

蛇口をひねれば、水が出る。

 

そんな、ありがたい状態はない。

 

さらに、美味しく冷たいお水と、温かいお水が出る。

 

「ウォーターサーバー。」

 

こんなに贅沢なもの、他にあるだろうか?

 

ウォーターサーバーが、家にあるのってどうですか?

 

あなたの家に、ウォーターサーバーがあるってどうですか?

 

それってとても贅沢ですよね。

 

おいしい水があって、それを飲めるって嬉しいですよね。

 

それって贅沢ですよね。

 

砂漠の中に、ぽつんとウォーターサーバーがあったら?

 

100万円払っても、その水を飲みたい!

 

ガブガブ飲んで、乾きが癒えるのを感じたい。

 

家の中では、朦朧とするほど体が乾くことはないでしょう。

 

それはとてもありがたいことです。

 

もしもあなたが、ウォーターサーバーを使えるなら、

 

それはすごく贅沢なことです。

 

感謝して、ウォーターサーバーを使いたいものです。

 

 

このページを、お気に入り・ブックマークしてくださると、サイト制作者として最高にうれしいです!