人間 水分量

人間の体の水分量

人間の体の大半は、水分で構成されています。

 

人間の大半は構成している水分。
ということで、お水にはこだわりたいものですね。

 

その人がどんな水を飲むか、それが人に及ぼす影響は、想像するのはカンタンでしょう。

 

人間の体の水分量

 

人間の体の水分量、それは成長とともに変化します。

 

新生児の時が一番多く、その水分量は80%です。
体のほとんどが、水分という事です。

 

これは、驚きですよね。
水分がそこまで多いのは、果物くらいです。
キンカンはちょうど、80%水分です。

 

新生児が果物くらいの水分というのは、驚きです。
もちろん、新生児を果物に例えていいかはわかりませんが、
それほど水分が多いということです。

 

成人男性の水分量はは60%

 

人の水分量は、成長とともに減っていきます。

 

それでも成人男性で、60%も水分があります。
人間の体は、半分以上が水分ということになります。

 

成人女性で、55%の水分量。
以外にも、女性のほうが水分量が少ないんです。
男性のほうが、水分量が多いというのは驚きですね。

 

高齢者の体の水分量

 

高齢者になると水分量はかなり減少します。

 

その水分量は、50〜55%と言われています。
水分量が少なくなったといっても、やはり50%以上は水分でできています。

 

ということで、人間の半分は水分なんですね。
そんな大切な水分。

 

あなたは水にこだわりがありますか?

 

これだけ水分量が多いのに、水にこだわらないなんておかしいです。
あなたには、ぜひ水にこだわっていただきたいと思います。
水道の水もいいかもしれません。

 

でも、もっと安全でおいしいお水を飲んでみてください。

 

体のために、おいしくて安全な水を飲んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページを、お気に入り・ブックマークしてくださると、サイト制作者として最高にうれしいです!